飛躍的な経済成長を遂げた!フィリピン不動産に投資すれば高い満足度

管理会社に全て任せよう

住宅

サブリース契約は上手に使いこなすことで大きなメリットがあります。収益不動産を所有している人は通常の賃貸契約だけでなく、状況に応じてサブリース契約を使いこなせるようにしましょう。サブリース契約を活用すると、不動産経営を有利にすすめることができるようになるでしょう。サブリース契約とは、物件管理の何から何までを不動産管理会社に任せてしまう契約だと表現できます。全てを管理会社に任せて自由にやってもらう代わりに、全ての部屋の一括で借り上げしてもらい、オーナーは管理会社から借り上げ料金を受け取ることができるのです。もし空室が出たとしても、管理会社は空室を理由にしてオーナーへの借り上げ料金を減額することなどはできないため、空室リスクは実質的に管理会社が被ることになります。そのため、管理会社も自社の損害を出さないためには、入居者募集から通常の管理業務まで高い質のサービスを提供しなければいけなくなるのです。空室リスクから解放されることは、もう一つ大きなメリットを生み出します。それは、家賃の未回収の手間も管理会社に負担してもらえるようになることです。入居者で家賃を滞納する人がいた場合、何度も催促し滞納による強制退去の手続きを行なわなければいけませんがこれも全て管理会社の仕事になります。もし、滞納者が出たとしても管理会社はオーナーに対して最初に決めた借り上げ料金を払い続けなければいけないからです。しかし、管理会社が上手に満室経営を継続できた場合は、借り上げ料金と家賃収入の差額で収益を上げることができます。オーナーと管理会社の利害が一致した場合は検討してみましょう。