飛躍的な経済成長を遂げた!フィリピン不動産に投資すれば高い満足度

家賃保証

電卓とお金

家賃保証とは不動産会社に入居者の家賃管理を委託する契約になります。大手の不動産管理会社が主に提供するサービスで、管理を全て委託する代わりに空室になっても一定額の家賃は必ず保証されるサービスです。一定額の家賃保証を得ることができるため、収益不動産のオーナーとしては安定した経営ができるというメリットがありますが、自分で入居者募集などができるのであれば家賃保証をつけた管理契約を結ぶよりも家賃収入を直接得る方が収益は上がることがほとんどになります。また、家賃保証契約で管理を全てお願いすると管理会社は不動産の敷金・礼金などの全ての条件を自由に設定することができるようになります。どんな入居者を住まわせるかの決定権に関しても管理会社が持つようになるため、自分の不動産にどんな人が住んでいるのかなどを把握しておきたい人は気をつけなければいけません。しかし、オーナーとしては家賃保証のついた契約を結ぶと収入を計算しやすくなるというメリットが生まれます。どんどん所有する不動産を増やしていこうと考えている人は収益を計算できると計画を立てやすくなるでしょう。家賃保証契約が最適な契約方法かどうかはオーナーの状況によってことなります。自分で入居者を見つけることができたり、新築の収益不動産であれば、それほど空室を怖がることはないため、通常の賃貸契約の方が収益が上がる可能性が高いとも考えられます。しっかりと仕組みを理解した上で契約すれば不動産業を大きく広げることも容易になります。